家族葬とは?一般葬との違いと知っておきたい基礎知識

家族葬の特徴と増えている理由について

家族葬の特徴と増えている理由について ライフスタイルの変化や価値観の多様化にともない、慣習にとらわれない自分らしいお葬式の形を模索する動きが強まっています。家族葬は現代社会のニーズに合致した新しいお葬式の形として注目を集め、現在では広く受け入れられてるお葬式スタイルのひとつです。家族葬とは家族中心で行うお葬式のことで、参列者の範囲や内容について特に決まりはありません。家族や親族だけでなく故人と特に親しかった友人や知人などを呼ぶこともありますが、参列者は30人以内と小規模であることが多いです。

身内だけのお葬式は伝統的に密葬と言う形で行われて来ました。密葬とは身内だけで火葬を済ませておくことで、密葬の後には本葬を行うのが基本です。故人が会社経営者や有名人の場合や、外国で客死したときなどに行われることの多い密葬ですが、身内のみで故人を見送り本葬を行わないケースが増えたため、家族葬という言葉が生まれたと言われています。家族葬と同様、近年増えているのが直葬と呼ばれる方法です。直葬とは通夜と告別式をせず火葬のみ行うことで、火葬式とも呼ばれます。

家族葬には僧侶を呼ぶことも多く、内容は一般的なお葬式とほとんど同じです。ただし、しきたりやおもてなしが重視される一般葬とは違い、故人をよく知っている人だけが集まるので、祭壇などを設置せず皆で棺を囲むなどアットホームな雰囲気で行われることもあります。一般葬に比べ故人との距離が近いことや名木と呼ばれる会場前の看板や会葬御礼、引き出物などを準備する必要がないこと、香典を辞退するケースが多いことも特徴です。身内やごく親しい人が中心のため一般葬に比べ参列者は少ないことが多いですが、家族構成によっては大勢の親族が集まる場合もあります。

近年、家族葬が増えている背景には高齢化の進展があります。長寿社会の現代ではリタイア後の人生が長く、故人の会社関係の参列者がほとんどいないことから小規模なお葬式が増えています。お葬式についての意識も変化しており、大勢の人に来てもらうよりも家族だけで静かに見送って欲しいと望む人が増えたことも見逃せません。このふたつの理由により家族葬は今後も増加すると考えられています。

家族葬は気心の知れた人だけで行うため、一般葬に比べ静かな雰囲気の中で故人とゆっくりお別れすることができます。故人が愛用していた品を並べるなど、自分らしいお葬式ができるのも魅力です。その反面、比較的新しいスタイルのお葬式であるため、親族の理解が得られないケースも少なくありません。納得のいくお見送りをするためには、メリットだけでなくデメリットについても理解しておくことが大切です。

〔トピックス〕